シャーメゾンショップ[東京

東京都内の賃貸 アパート マンション テラスハウス 一戸建て はシャーメゾンショップ[東京]

東京の賃貸は
シャーメゾンショップ[東京]

恭子とシャーメゾンショップと 〜住まいの話をしましょう〜

28歳のOL・恭子が「シャーメゾンショップ」で賃貸生活を始めました。
私のお部屋から毎週住まいに関する情報を発信します。

2020.9.14

安心安全な住まい探し!「コロナ禍でのシャーメゾンショップの取り組み」(1)オンライン内見

2976153_s.jpg

少しずつ落ち着いてきたかのように思う新型コロナウイルス。しかし、終息には程遠い状況です。こういった状況下でも、お客様に安心して住まい探しをしてもらうようにシャーメゾンショップでは新型コロナウイルス感染症対策を実施。お客様の安心・安全を第一に、各店で徹底して行っています。


そんな取り組みの一つに挙げられるのがオンライン内見です。前々からありましたが、コロナ禍でオンラインを駆使したサービスの需要が高まっていることから、今注目を浴びています。とはいえ、名前は聞いたことあるものの、まだ体験していない人も多いはずではないでしょうか。


そこで今回は、シャーメゾンショップでも実施しているオンライン内見についてご紹介します!


■オンライン内見とは?


オンライン内見とは、オンライン経由で物件を見ること。スマートフォンや、Wi-fiなどのインターネット環境がある場所ならPCでも見ることができます。ビデオチャットアプリやテレビ電話を使用して、現地にいるスタッフとリアルタイムで話しながら物件を見ることが可能(インターネット通信料や電話使用料はお客様負担となります)。その場で質問もでき、居室内の細かな部分も見られるので、自宅にいながら物件についてしっかり知ることができます。


コロナ禍でも安心して住まい探しをしたい方にはもちろん、現場に行く時間がなかなかとれない方にオススメです。



■コロナ禍で家探しが変わると大多数が実感


d31809-30-448327-0.png

不動産業界で以前からあったオンライン内見。しかし、新型コロナウイルスの影響で、今まで以上に注目されています。株式会社スペースリーが賃貸の家探しを経験したことがある全国の10代から50代の男女に実施した「賃貸お部屋探し全国消費者調査」によると、全体の3/4が「コロナの影響で家探しの仕方が変わる」と回答。10代・20代の60%は「現地内覧よりもネットでの情報収集を重視」していることがわかりました。また、都市圏の10から20代男性については、オンラインで内見を済ませたいと回答した人は5人に1人という結果に。オンライン内見を利用しようとする人が増えていることがわかります。



■オンライン内見の流れ


118963990_3243570285729179_6243177529622149239_n.jpg

流れは通常の内見とほぼ変わりません。気になる物件について問い合わせ、内見する日時を決めます。当日、ビデオチャットアプリやテレビ電話でスタッフがお客様に連絡。ビデオチャットアプリによっては、あらかじめスタッフからメールで送ったURLを予定時刻になったらクリックしてもらう場合も。店舗によって使うツールは違うので、事前に確認やアプリをダウンロードしておいてくださいね。


現地にいるスタッフが居室内を順番にご案内。収納や細かな部分もご紹介します!




シャーメゾンショップでも順次対応しているオンライン内見(ご利用の場合は事前に各店舗へお問い合わせください)。もちろん、シャーメゾンショップでは現地でのご案内もしています。スケジュールと照らし合わせて、ご自分にあった方法で住まい探しをしてみてくださいね。オンライン内見をご利用の場合は、事前にお近くのシャーメゾンショップへお問い合わせください!



※出典:PRTIMES